HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  


FAAの筆記試験(Knowledge Exam)について。 :  Privateの筆記試験について : PVTの問題へ : IFR、筆記の解説 : IFR問題へ

Private Pilot : 2007年 Airman Knowledge Test Question (Written Exam)

217
(Refer to figure 30, illustration 2.) Determine the approximate heading to intercept the 180° bearing
TO the station.
A) 040°.
B) 160°.
C) 220°.

(図30、イラスト2を見て)局に向かう180度の磁方位(TO)にインターセプトする針路(機首方向)は
A) 040°
B) 160°
C) 220°

(Figure 30, illustration 2を見て)180°Bearing TOにインターセプトするHeadingは
A) 040°
B) 160°
C) 220°

Approximate 大体の、大まかな
Intercept 決められた航路に乗り入れる事、コースに近づき合流する。
180°Bearing TO the station: 180度の方向で局に向かうコース。 (180度でTO the Station)

 

 

これが、Figure 30, illustration 2です。 ADFですね。 Headingがパイロットによって合わされているか、自動的にHeadingが天辺に来るタイプでしょう。 
どちらの種類でも、このADFはHeadingを示していると考えます。


この問題の解説  ADFに関しての予備知識はここにも有りますので、ご参考にね。

  1. 問題の訳をちょっと変えますと、、、、「図の様な表示の時、180°Bearing TOのコースに合流するにはHeaingdはどれぐらいが良いかな?」です。

    答えの求め方は、 
    1. どこのコースに乗るの? 
    2. 私は何処? 
    3. そのコースに対して私の位置は? 
    4. そこから何度の角度で飛行すれば良いの?
  2. NDB 180 TO the Stationまず、考えるのが問題の意味。 180°Bearing TO (180度の方向で局に向かうコース。
    180度でTO the Station)に合流すると言う事で、局から見た180°Bearing Toの方向を考えましょう。 180°TOなら飛行機のHeadingが
    右の図になります。


    180度で局に向かえると言う意味ですから。。。。。。 これが 180°Bearing TO the Stationになります。 

    また赤い矢印で示されているコースが、インターセプト、Interceptと言います。角度は30〜45度とも言われてますが、
    近い時は3度〜20度ぐらいでインターセプトする場合もあります。


    (VORだと何も言わないと、FROMになりやすいので勘違いし無いでね。)



  3. 局から真北にあるコースで、向きは局に向かう方向です。 (このコースで局に向かうと、Headngは180°になります。)



  4. 次は上のADFイラストを見て、飛行機の位置を確認します。
  5. ADFは初めからHeadingに合わされているので、矢印の方向を見るとその場所からのMaganetic Bearing TOが分かります。


    現状では矢印が190度を示しているので、190°Bearing TO に居ると分かります。
     (イラスト2を見てください。)


    今回はADFに直接Headingが入力されているので、矢印の方向がBearing TO the Stationになります。






    (もし、ADFの目盛が固定式か、000度(360°、北)に合わされていれば、左の図にある計算式が使われます。MB=MH+RB)


    (ついでに、、、矢印の反対はBearing FROMです)


  6. 190°TOは190度で飛行するとStationに向かうと言う意味ですから、局からやや北東よりになります。
    右の図で、局とコースの位置関係が分かると思います。

    使いたいコースが 180°Bearing TO
    現在に居るコースが190°Bearing TO。

    インターセプトするには、赤い矢印の方向に飛行する事になります。
  7. そこから180°TOにインターセプトするには、30〜45度の角度で向かいます。
    180°+ 30〜45°= 210〜225°
    (場所によっては引き算になりますが、この場合はコースは右側にあるので足し算になります。)
  8. 答えは 180°プラス 適当な角度となるので、一番近い220度が答えとなります。


ADFに関しての予備知識はここにも有りますので、ご参考にね。




Private Pilot Knowledge Test (Private Written Exam) 05/23/2007 : 2008年の問題へ
001 〜 010 011 〜 020 021 〜 030 031 〜 040 041 〜 050 051 〜 060 061 〜 070 071 〜 080 081 〜 090 091 〜 100
101 〜 110 111 〜 120 121 〜 130 131 〜 140 141 〜 150 151 〜 160 161 〜 170 171 〜 180 181 〜 190 191 〜 200
201 〜 210 211 〜 220 221 〜 230 231 〜 240 241 〜 250 251 〜 260 261 〜 270 271 〜 280 281 〜 290 291 〜 300
301 〜 310 311 〜 320 321 〜 330 331 〜 340 341 〜 350 351 〜 360 361 〜 370 371 〜 380 381 〜 390 391 〜 400
401 〜 410 411 〜 420 421 〜 430 431 〜 440 441 〜 450 451 〜 460 461 〜 470 471 〜 480 481 〜 490 491 〜 500
501 〜 510 511 〜 520 521 〜 530 531 〜 540 541 〜 550 551 〜 560 561 〜 570 571 〜 580 581 〜 590 591 〜 600
601 〜 610 611 〜 620 621 〜 630 631 〜 640 641 〜 650 651 〜 660 661 〜 670 671 〜 680 681 〜 690 691 〜 END
各問題の Knowledge Codeその参考書籍 (出題元: Subject Matter and Reference Material)

 

新しい図が発表されました。 Private Pilot : Instrument Ratingへの追加版 (2014-02)

Private Pilotの筆記試験 : 2008年-03月分  (和訳&解説付き) : 2007年度版 : 2008年09月分 
計器飛行の試験問題 : 2009年06月 (和訳&解説付) : 2007年 
ADM (Aeronautical Decision Makings)の問題:  ADM Questions (Pvt & Comm)


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。